6月19日のツイート

外郭放水路の視察を終えました。中川、綾瀬川流域は水がたまりやすい皿のような地形で、浸水被害に悩まされた地域でした。そこで洪水を地下放水路に貯め排水する施設の外郭放水路ができました。過去の最大流入量は約1200万m3を排水しました。小学校の25mプールで約25000杯分です。

posted at 13:11:56

海老名市議員会の研修で、首都圏外郭放水路と宮代町笠原小学校に視察に行ってきます。外郭放水路は河川氾濫抑制の為に作られたそうです。笠原小学校は広い芝生の庭、瓦葺の屋根、開放的な空間のあるユニークな校舎で「のびのびとはだしで過ごせる学校」として、はだし教育を推進しているそうです。

posted at 08:40:23